代表挨拶

当社のスローガンであるceo
ITと芸能の融合」をトコトン追求して行きます。

目的の達成はそう簡単ではありませんが私たちは諦めず前を見続けたいと思っております。業務的な融合を実現させる目的も当然の事ながら、当社ではまず形式的融合として、ITエンジニアを芸能界で言うところのタレントに見立て、本物のタレントとして採用を行う取り組みを実現させました。ITと芸能の融合を謳う企業の中でも、実際に芸能界の第一線で活躍するプロのカメラマンで全社員の宣材撮影(写真撮影)を実施し、更に芸能プロダクションのタレントの売り込みと同じようにコンポジット(芸暦や経歴と写真がセットになったプロフィール)まで作成して、タレントと同じ位置づけでエンジニアの売り込み+社員のブランディングを本格的に両立させているIT企業は当時ありませんでした。顔写真なんて一見、業務に関係無いないのではないかと言われる方もいらっしゃいますが、当社に来ていただければその真意と重要性もよりリアルに実感していただけるかと思います。この当社のスタイルは、ソフトハウス史上初の取り組みとしてマスコミから取材も受けるようにもなってきましたが、会社としてはまだまだ無名の赤ん坊です。ヨチヨチあるきのブーミングは、今年から成長期~思春期の一大シーズンへ突入します。思春期といえば一番成長を感じられる時期であり、この時期が一番楽しい時期でもあり一番辛い時期でもあります。今正に思春期に入ろうとしている当社では、これから新しく入社してくる経験者層及び若い力(パワー)をどれだけ最大限に伸ばせるかが課題といえ、全社員が一丸となってその環境創りを常に意識していきます。

夢や野望を常に持ち続け且つ目の前の現実から目を反らさず、一つずつ柔軟に物事を受け入れられるセンスのある人に沢山出会いたいと考えております。私たちは、若さを武器に実力も伴った会社体制を目指します。ITの波にのってハイスピードに会社を発展させていきたいと思っております。

増田英浩

 

 

 

IT技術の無限の可能性を駆使して世の中にブーミング「BooM」を巻き起こす
明朗簡潔、その名の通り当社から様々な可能性を発信していけたらと考えております。

ただ単にITテクノロジーに便乗するのではなく、事業内容、事業スタイルとして常にエンターテイメント性を追求していける企業をめざし妥協を許さず私たちは前進してまいります。

今田友起子